Pocket

手間のかかる煩わしい手続きは私にお任せください。

なぜ古物商の許可の取得を行政書士に頼んだ方が良いのでしょうか?

それは許可を取得するためにさまざまな要件を全て満たす必要があるからです。また、警察署に提出するいくつもの書類を作成する必要があり、何種類もの証明書類をいくつもの役所で入手しなければならないからです。

これら要件を一つ一つ確認し、要件を満たしているかどうかを一つ一つ丁寧に確認していかなければなりません。またこれらの証明書類を集めるため、昼間の時間帯にいくつもの役所周りをすることもあります。

これらの作業を事業主様が自ら行った場合、いったいどれくらい時間と費用がかかってしまうでしょうか?

古物商の許可は新規取得の時だけではなく、取得後も提出が義務付けられている登録事項の変更届の提出も発生します。

これらの煩わしいこれらの手続きを専門家である私たち行政書士にお任せいただくことで、事業主の皆様には安心して事業に専念、注力していただけるようになります。

当事務所では、事業主様それぞれのご要望やご予算にあわせたさまざまなサービスや最適な料金プランを各種ご用意いたしました。事業の発展のため、古物商許可の手続きは当事務所にお任せください。

サポートの流れ

❶お問い合わせ
お電話(052-387-7676)または無料相談予約フォームにて相談日をご予約ください。
❷ヒアリング
お電話またはメールにて申請内容のヒアリングをいたします。

※コロナウイルスによる感染拡大防止のため、オンライン面談をご希望される場合は、ZoomまたはGoogle Meetでの面談も行っております。パソコンやスマートフォンから1クリックで簡単に接続できます。無料相談フォームにてお問合せ下さい。
❸ご契約
ヒアリング後、正式にご依頼の場合料金とお支払い方法の説明をいたします。契約書に必要事項を記入いただいた後、業務の開始となります。
❹書類の収集・作成
案件を精査し、申請に必要な書類の収集、提出書類の作成を行います。
❺申請書類の完成
申請書類が完成したらお客様をお伺いし、内容のご説明をいたします。
❻ご入金
請求書に記載されている金額を当事務所の口座へお振込みください。
窓口への申請と許可取得
窓口への申請と許可取得時の書類受取を代行いたします。

対応エリア

愛知県内の場合、お客様のオフィスまでお伺いいたします。

当事務所までお越しいただく必要はありません。名古屋市内以外でも県内であればどこへでもお伺いいたします。
お客様宅やオフィスへの出張相談を承っておりますので、お仕事の空き時間や業務終了後など、お忙しいお客様にとって時間を無駄にすることなく効率良くお打ち合わせいただけます。

尾張地方

名古屋市(千種区、東区、北区、西区、中村区、中区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、守山区、緑区、名東区、天白区)、愛西市、あま市、一宮市、稲沢市、犬山市、岩倉市、大府市、尾張旭市、春日井市、北名古屋市、清須市、江南市、小牧市、瀬戸市、知多市、津島市、東海市、常滑市、豊明市、長久手市、日進市、半田市、弥富市、愛知郡東郷町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、知多郡阿久比町、知多郡武豊町、知多郡東浦町、知多郡南知多町、知多郡美浜町

西三河地方

安城市、刈谷市、高浜市、知立市、豊田市、西尾市、碧南市、みよし市

岡崎市、額田郡幸田町

東三河地方

蒲郡市、新城市、田原市、豊川市、豊橋市、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根村

(注)赤文字は交通費実費地域となります。

選ばれる5つの理由

お気軽にお問い合わせください。052-387-7676受付時間 9:00 – 18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください

古物商許可申請でお悩みの方へ

古物商許可
✅自分で申請しようと思っているけれど、忙しくて書類作成まで手が回らない方
✅申請するのに何から手を付けていいかわからない方
✅許可を取る必要があるかどうか迷われている方
✅転売ビジネスをお考えの方
✅中古の商品を仕入れて物販を始めているが許可をお持ちでない方


「許可を取る必要があるかどうか分からない」、といった場合でも一度ご相談ください。

お忙しいお客様の代わりに専門知識を持った行政書士が許可申請をサポートいたします。万が一不許可の際は返金保証(規定あり)。

無料出張相談のお申込みは下のボタンから。
まずはお客様のご要望をメッセージにてお送りください。

PAGE TOP
MENU