Pocket

申請に必要な書類

古物商許可申請書(様式第1号(その1~その4))

様式のダウンロードはこちら   PDF     WORD

添付書類

申請者が個人の場合

  1. 略歴書     ( 様式のダウンロードはこちら  PDF    EXCEL )
  2. 住民票の写し(本籍または国籍記載のもの)
  3. 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書      ( 様式のダウンロードはこちら  PDF )
  4. 身元(身分)証明書(本籍地の市区町村長が発行するもの)
  5. 市場規約および参集者名簿

申請者が法人の場合

  1. 定款
  2. 登記事項証明書
  3. 略歴書(※)     ( 様式のダウンロードはこちら  PDF    EXCEL )
  4. 住民票の写し(本籍または国籍記載のもの)(※)
  5. 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書(※)      ( 様式のダウンロードはこちら  PDF )
  6. 身元(身分)証明書(本籍地の市区町村長が発行するもの)(※)
  7. 市場規約および参集者名簿

(※)申請者が法人の場合、役員に係る3~6の書類が必要です

添付書類に関する注意事項

  • 添付書類は、申請日から3か月以内のものである必要があります。
  • 定款には、コピーしたものの最終頁の余白に「原本と相違ありません。○○年○○月○○日【役職名】【代表者氏名】」と記載します。
  • 人的欠格事由に該当しない旨の誓約書は、本人が署名または記名押印する必要があります。
  • 個人の許可申請の場合で、申請者本人と管理者を兼ねる場合は、個人用と管理者用の2種類の誓約書が必要です。また法人の許可申請の場合で、代表者や役員の方が営業所の管理者を兼ねる場合は、その方については個人用と管理者用の2種類の誓約書が必要です。
  • 市場規約は、当該古物市場の開閉の日時、取引の要領等を記載した書面になります。
  • 参集者名簿は当該古物市場に参集する主たる古物商の住所、氏名を記載した名簿になります。

手数料

19,000円(手数料は、愛知県の収入証紙で納付します。)

手数料は、不許可になった場合や、申請を取り下げた場合でも手数料が返却されることはありません。

許可申請の窓口

主たる古物市場の所在地を管轄する警察署の生活安全課

申請の受付時間

平日の午前8時~正午までおよび午後1時~午後5時30分までとなっています。ただし、届出内容の確認などがあるため、先に電話にて予約を取って提出に伺うとよいでしょう。

許可証の交付

古物市場主許可の審査期間(標準処理期間)は50日程度となっています。申請後50日前後で申請した警察署において交付されます。